Present yourself, Winning communication

SONOMA Communication

英語プレゼン講座

プレゼンテーションとは?英語での意味やスピーチと何が違うのか

投稿日:

そもそもプレゼンテーションって何?どういう意味?という人も多いのではないでしょうか。

人前で発表することかな、と何となく思っているのであれば、その通りですが、では、スピーチや演説、発表などとは何が違うのでしょうか。

プレゼンテーション、英語のスペルはpresentationですが、これから英語でプレゼンをするのであれば、この英単語の意味を把握しておきたいところです。

今回は、presentationってどういうこと?について、解説します。

▐| Presentation 、英語の意味は?

辞書でpresentationを調べると、主な意味として、

贈呈、授与、紹介、披露、発表、提示、発表の仕方、体裁、演出、上演
(weblio 英和辞典・和英辞典 https://ejje.weblio.jp/より)

などが挙げられます。

様々な意味合いがありますが、よく使われる意味としては、次の2つです。詳しく説明します。

▐ Presentation の意味 1

English Oxford Living Dictionaries や Cambridge Dictionary によると、

The act of giving or showing something, or the way in which something is given or shown
(Cambridge Dictionary https://dictionary.cambridge.org/usより)

The manner or style in which something is given, offered, or displayed.
(English Oxford Living Dictionaries https://en.oxforddictionaries.com/ より)

つまり、「何かを示したり見せたりすること、またその方法であり、どんなふうに見せるのか、見せ方、演出方法」と定義できます。

例えば和食レストランで懐石料理を注文したら、美しい器に美味しそうに盛り付けられた料理、そしてその上品な味に感動し、残さず完食した。そんなとき、

Both the food and its presentation were excellent.
料理もその盛り付けも素晴らしかった。

ここで使われているpresentationとは、料理の盛り付け、つまり料理の演出方法、見せ方という意味です。

presentaionから派生して、presentableという単語があります。語尾に-ableをつけて、何かが可能という意味になります。

お風呂に入っている途中、来客があった。家族がお風呂場にいるあなたに、

Be presentable. Your friend is in the living room.
ちゃんとした恰好しろよ。友達が居間にいるんだから。

お風呂に入る前に化粧も落としたし、あとはパジャマでくつろごうと思っていたのに、慌ててまた化粧をし、洋服を着て、居間で待っている友達の接待をする・・・。人前に出るのですから、人に見せられるpresentableな格好をしないと。

あるいは、明日彼氏が家に遊びに来る。散らかった部屋を徹底的に掃除して、女の子らしく小物も飾ったりして、女子力発揮。

My room is presentable.
私の部屋、(彼に)見せても恥ずかしくないよね。

もう一つ例を挙げます。

新米のシェフが一生懸命作った料理。しかしイマイチ、見た目がパッとしません。ベテランシェフがそれを見て、

This dish is not presentable.
この料理、とても(客に)見せられたもんじゃないな。

このように、presentationとは、何かを見せるという行為そのものを指したり、その発表の仕方、見せ方、演出方法を意味します。

▐ Presentation の意味 2

presentationのもう一つの定義は、

A speech or talk in which a new product, idea, or piece of work is shown and explained to an audience.
(English Oxford Living Dictionaries https://en.oxforddictionaries.com/ より)

「聴衆に新しい商品や企画案を見せたり説明したりするスピーチや発表」で、私たちが一般的にイメージする、人前でのスピーチとか演説とか発表という意味です。

新しい商品を、人前で実際に使ってみせながら説明するような場面を思い出してください。

セールスの人が商品を持って家に訪れた、なんで経験はありませんか?

セールスの人がやっていること、話していることがpresentationです。

また、新しい企画案を仕事の会議でパワーポイントを使いながら説明したり、学校の先生が授業で話す行動も、presentationです。

例えば先生が授業の後に、今日は生徒の反応が今ひとつ悪かった。自分の声もあまり出ていなかったし、ユーモアにも欠けていたな。次回はもうちょっと声を大きくしたり小さくしたりして、強弱をつけた方が、生徒の注意を引きやすいかな。

I didn't make a good presentation today.

そして、presentationという名詞の使い方は、動詞を伴って

make a presentation
give someone a presentation

という言い方が一番よく使われる表現です。

presentationをspeechに置き換えて、

make a speech

と言うこともできます。こちらの方が分かり易いでしょう。

▐| 公の場での演説はpublic speaking

presentationという英単語の定義を解説しましたが、日本語でプレセンテーションというと、英語ではpublic speakingという意味合いが強いように見えます。

public とは「公」
speakingとは「話せる、詭弁な」

ですからpublic speakingとは、「公衆の面前で、演説を行う行為」と定義できます。または、「聴衆に演説するための話し方」です。

日本語では、「雄弁術、演説法、話し方、話術」と訳されます(weblio 英和辞典・和英辞典 https://ejje.weblio.jp/より)。

アメリカでは、public speaking のクラスを必修科目としている大学もあります。それほど人前できちんと自分の意見を言ったり、考えをはっきり伝えることは、大事だと認識されているのでしょう。そのための方法を学ぶのが、public speakingのクラスです。

クラスの名前はPublic Speaking で、Presentationではありません。

大勢の人前での話し方を学ぶのであれば、public speakingを学ぶということです。

▐| まとめ

presentation は、発表またその際の話し方だけでなく、演出という意味で、見た目や見せ方などの視覚も含まれます。

一方public speakingは、聴衆への話し掛け方、演説方法、つまり”話す”ということが中心になります。

日本でもプレゼンという言葉がかなり浸透していて、このことは、プレゼンテーションをする機会が増えた、あるいは重要視されるようになったことを意味しています。

今後は益々、大勢の人の前でしっかり伝えるコミュニケーション力が大切になってくるでしょう。

以上、プレゼンテーションとは?英語の意味や定義、そしてスピーチや演説とは何が違うのかについてお話しました。

-英語プレゼン講座

Copyright© SONOMA Communication , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.